恥をかかないための最低限のスポーツ知識
ホーム > 法律 > 戸籍謄本の見方

戸籍謄本の見方


戸籍の様式は法改正に伴って変わってきました。現在取得できる様式として以下の5種類がありますが、それぞれ見方が異なってきます。

 

・明治19年式戸籍

・明治31年式戸籍

・大正4年式戸籍

・昭和23年式戸籍

・平成6年式戸籍

 

大きな違いとしては昭和23年式の以前は家単位で戸籍がつくられていたのが、昭和23年式からは夫婦親子単位に変更されたという点があります。

 

ですから昭和23年以前の戸籍を見る時は対象とする人の兄弟姉妹やその家族の情報まで含まれていますので関係を正しく読み取ることが必要です。

 

家族関係以外で戸籍謄本から読み取るべき情報は、その戸籍に記載された情報がいつからいつまでの期間に関するものかということです。

 

相続人を確定するためには、被相続人(亡くなった方)に出生から死亡時までの連続した戸籍の情報が必要です。ですから空白期間が生じないようにしなければなりません。

 

では戸籍謄本のどこをみれば、戸籍に記載されている情報の期間が分かるのでしょうか?

 

ここでは大正4年式、昭和23年式、平成6年式の3種類を取り上げます。遺産相続の必要書類

 

大正4年式

この種類の戸籍では、戸主の「事項欄」の中に戸籍の期間に関する情報があります。「・・・により何年何月何日に本戸籍を抹消」「・・・により何年何月何日に本戸籍を削除」と記載されている日付が期間の終わりとなります。

 

期間の始まりについては昔の制度で家督相続がなされていた時がありますが、その家督相続の届出が受付けられた日付、あるいは分家の届出が受付けられた日付となることが多いようです。

尚、戸主の出生や死亡の日付は戸籍の期間ではありませんので注意が必要です。

 

昭和23年式

この種類の戸籍では、「戸籍事項欄」さらには欄外に表示される「改製原戸籍」の表示部分より戸籍を読み取ります。

 

期間の始まりは戸籍事項欄の中で、転籍や婚姻などの届出に基づいて戸籍の編成された日付が記載されています。

期間の終わりは、除籍であれば「全員除籍により何年何月何日に削除」と記載されている日付になります。改製原戸籍の場合には欄外に表示される「改製原戸籍」の表示の下に記載された削除の日付が期間の終わりとなります。

平成6年式

この種類の戸籍では、戸籍事項欄を見れば期間の始まりがすぐに分かります。改製によって作られたものであれば「改製日」と表示されていますし、その他の理由で作られたものであれば「編製日」「転籍日」と表示された日付が期間の始まりとなります。

期間の終わりについては戸籍事項欄に「削除日」と表示された日付になります。